万が一のモーニングアフターピル

モーニングアフターピルを飲むタイミング

健康な男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。子供ができないようにするためには、日頃から避妊をしなければいけないのですが、その方法も数多くあります。コンドームを使ったり、低用量のピルで排卵を抑制したり、IUDやペッサリーなど、方法はかなりあるのですが、こういった避妊方法を行う場合では失敗をしてしまう可能性もあるのです。
避妊に失敗してしまったり、交際相手が避妊に協力的でなかったり、望まない性交渉を強いられたりした場合などには、妊娠をしてしまうこともあるでしょう。そういった時の対処法として、モーニングアフターピルというものがあることを知っておくといいでしょう。
これは、中用量のピルであって、低用量よりもかなり強いホルモン剤が含まれています。もしも、避妊に失敗してしまったりして妊娠してしまったかもしれないという時に飲むとできてしまった受精卵を着床させないという働きを果たしてくれるものなのです。
しかしながら、このモーニングアフターピルというのは飲むタイミングがあります。通常、性交渉から早ければ早い方が効果的であるといわれ、72時間以内に服用するようになっています。それ以後ではあまり高い効果が期待できないのです。ですから、事が起こったらすぐに産婦人科を受診して処方してもらうようにします。
しかし、医療機関で処方してもらう方法のほかにも入手できる方法があります。それが海外からの個人輸入になります。通販のサイトで海外から取り寄せることができるのです。ただ、注文をして支払いをしたあとに発送されるので、大体1週間から10日程度かかるというように考えるようにするといいでしょう。ですから、もしもの時のために購入してストックがあると安心なのです。モーニングアフターピルはいざという時には頼りになる存在です。
●普段から避妊を心がけている方に
トリキュラー