万が一のモーニングアフターピル

ピルについて~モーニングアフターピルとpms

女性をサポートしてくれるピルには役割があります。
そのピルの役割によりサポートも形も変化します。
生理日をずらすなどして生理周期を予定に合わせコントロールしてずらしたい場合も用途としての役割を担ってくれます。
この月経移動は重要な日程と生理が重なったり旅行などのときの調整をサポートしてくれます。
仮にこの月経移動によってずらすことを行っても次の生理に影響を与えることはなく、普段どおりに来るので月経移動しずらすことに不安を抱くかたも心配はいりません。
毎月起こるつらいpmsには低用量のピルなどで対処できます。
低用量ピルの形をとれば、10代のかたのpmsにも使うことができます。
それぞれのpmsによる月経痛には個人差が生じますが、痛みを毎月我慢することは日常への支障となります。
早めに対処することができるので身体の症状、心身の症状を上手にケアすることが大切です。
意思と反した形で避妊に失敗してしまった場合にサポートしてくれるのが、モーニングアフターピルです。
このモーニングアフターピルは緊急避妊薬として役割をもちます。
性交後できるだけ早い24時間以内から72時間以内に服用します。
モーニングアフターピルを正しい形でしっかりと服用することで妊娠をしてしまうリスクを下げます。
ピル服用の際には、自分の勝手な判断で量を増やすなどの行為は行ってはいけません。
モーニングアフターピルは中用量のピルに位置します。
このため低用量のピルに含まれるホルモン量よりも多く配合されており、吐き気を伴う場合もあります。
しかしたいだいの場合は24時間以内に収まります。
しっかりとモーニングアフターピルの説明を把握し、副作用のリスクについても事前に知っておくことが大切です。