万が一のモーニングアフターピル

モーニングアフターピルと大豆抽出物の違いについて

モーニングアフターピルは女性ホルモンの分泌を促進することで女性の体を妊娠している状態にする薬なので大豆抽出物から作られているサプリメントに含まれている成分とは全く異なった働きをします。大豆抽出物は女性ホルモンに構造が似ていることから体内で吸収されると女性ホルモンが増加するのですが、モーニングアフターピルの場合には脳内に働きかけることで女性ホルモンの分泌を増加させるので、緊急避妊のためには大豆抽出物ではなくモーニングアフターピルを服用しなければなりません。また最近では大豆抽出物などの植物から作り出された成分によってバストアップするサプリメントもあるのですが、これらに関してはピルとは全く作用が違うので避妊効果はありません。モーニングアフターピルによる避妊はコンドームが破損してしまったり、間違って膣内に射精した場合に服用するもので、脳内から分泌されるホルモンを増やすことで妊娠状態を一時的に作り出します。モーニングアフターピルは作用が強いので短期間に何度も服用することはできませんが、長期的に避妊をする場合には低用量ピルを処方してもらうことで避妊を実現することができます。避妊成功率はモーニングアフターピルの場合は24時間以内ならば95%以上ですが、時間が経過すると成功率が低下して72時間後では75%前後の避妊成功率になります。低用量ピルの場合には膣内射精をすると5%の確率で妊娠することがありますが、コンドームに比べると避妊成功率が高いので、計画的に子作りをする場合には低用量ピルの服用が最善の方法となります。副作用に関しては医療機関で処方してもらう場合には医師から説明を受けるのですが、ネット通販の場合は副作用の把握が難しいので血栓症のリスクについて知っておくことが重要です。