万が一のモーニングアフターピル

モーニングアフターピルの服用と貧血の関連性

モーニングアフターピルは避妊をすることが出来なかった場合にのみ服用を認められている避妊薬なので、毎日服用することはできません。長期間服用し続けることがないので貧血などの症状が出ることはありませんが、女性ホルモンが急激に増加するので吐き気などの中毒症状が起きる場合もあるので、モーニングアフターピルを服用して具合が悪くなった場合には婦人科を受診して医師から適切なアドバイスをしてもらうことが必要になります。モーニングアフターピルに関しては毎日服用するものではないことから副作用の心配はほとんどありませんが、低用量ピルを服用することで避妊をしている女性の場合には血栓症のリスクがあるので、適切な水分摂取や禁煙の必要があります。低用量ピルを服用すると生理の時の出血量が減少するので貧血の症状を改善することができます。また生理痛などを軽減できるので月経前症候群を予防することもできます。貧血の改善の他にはニキビや多毛症の改善や肌荒れの解消などがあるので、低用量ピルの服用は女性にとってメリットが大きいのですが、副作用のリスクもあることから普及が進まない現状もあります。モーニングアフターピルは服用を何度もすると中毒のリスクが高まるので、繰り返し使用する場合には低用量ピルに切り替えることが必要になります。低用量ピルは生理に合わせた服用をしなければならないので、飲み忘れなどをすると避妊効果が発揮できない場合があります。モーニングアフターピルは避妊成功率は95%程度ですが、低用量ピルを規則的に服用していると避妊成功率は98%以上になるので、計画的な子作りをする場合には副作用のリスクの少ない低用量ピルを処方するのが一般的です。