万が一のモーニングアフターピル

排卵後のモーニングアフターピルと多毛症について

モーニングアフターピルは排卵後にセックスをして膣内射精をされてしまった場合に妊娠を防ぐために服用されるというもので、婦人科などで処方されている超低用量ピルなどとは服用方法なども異なっています。モーニングアフターピルは緊急避妊薬として服用されるものなので、1回の服用で効果がでるのですが、繰り返し服用すると副作用が大きいので、その場合には低用量ピルなどを決められた方法で服用するほうが良いとされています。排卵後や受精卵の着床後に服用しても妊娠を防ぐことができるのですが、中絶薬ではないので、受精卵の着床が完了してしまった後に服用しても効果はありません。モーニングアフターピルは排卵前や排卵後に服用することで生理の周期がずれてしまうことがあるので、その場合には副作用として月経過多や不正出血が起きる可能性もあります。また服用方法を間違えてしまうと副作用が出るので注意が必要で、ホルモンバランスが崩れてしまうことで多毛症になったり、体がほてるなどの症状が出る場合もあります。多毛症は男性にも起きる症状なのですが、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れることで起きるとされていて、モーニングアフターピルの服用を続けてしまうことで、ホルモンバランスが乱れてしまって、吐き気や頭痛、胸の張りなどとともに多毛症になることがあります。モーニングアフターピルは女性ホルモンを大量に摂取する薬なので、吐き気などが起きたら吐き気止めの薬を服用するなどの対症療法をするしか方法はないのですが、服用回数を減らして、超低用量ピルなどに薬を変えることによって副作用が起きないようにすることができるので、婦人科などを受診して医師に相談をすることが大切です。